読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしのために

わたしのことばを未来のわたしへ

そんな

そんな顔しないで 灯台の明かりはすぐそこに だから大丈夫 絶対大丈夫だから

わからないもの

目の前にある わからないものをどうやって 理解するか わかった気になる 知りたいと願う 願えばかなうだなんて浅はかな考えはよそうと思う

退屈すぎるのは何故

こんなにも充実した毎日なのに 退屈と感じるのは何故だろう 積み上げた充実感とともに産み出される虚無感 人間て欲張りなのかなあ

貴方が働く理由

貴方が「働く」のにはちゃんとした理由があります。 「やりたい事の実現」 「新しい働き方の創出」 「キャリアを活かして前みたいにキラキラしたいから」 そんなフレーズを使って表現していた貴方の働き方。それは今までのこと。 絵空事でつき動いていた甘さ…

念じるといい

こうなりたい こうしたい 念じるといい そしたら 自然と ほんとに自然と叶うもの

あわてないで

あわてないで おちついて ゆっくりこのまま このまままえに

静観

静観すると 静観すると決めたからには 何事も慌てず ただただ信じることのみ

さてここからだね

さて どうする? ここからが君が試されているとき 何にもとらわれることなく 思い描く未来へと 何にも期待することもなく ただただ現実と向き合うことのみが 一番の近道

本能的に

頭ではないんだ 本能で動けることとそうではないこと 今さら気がついた やっぱり 自分には正直でありたい

いつもは暗い気持ちで

書き残すことがあるとき いつも暗い気持ち けど 今朝はそんなことないよ 春だもんね 桜も咲いたね

スタート

うまく始める自信がなくても 一歩ではなくて 二、三歩前に進んでみるといいね そうしたら 自然と踏みならした小道が現れ 蒔いた種にも芽が出てくるね やがてそれは大きな一本の樹になり きれいな花を咲かせるね

ためいき

ためいきはわるいものではない はきだしてるほうがまだましでしょ

どうして

依存をやめると 自由が待っているのに どうして気づかないのだろう ほんとうはあなたもその喜びを 知っているはず 憧れているはず

信じる

まだわからない何かの力で いつも道は開ける たまには信じてみようか 自分の波動

最愛なる人へ

まだ少し寒いですね でもすぐそこまで すぐそこまできているよ きっと大丈夫 あなたなら 木々が芽吹き 花が咲くその時 あなたは自分の足で ゆっくりと歩きだせる

波動と行動

導かれる先には 同じ波動 引き寄せ 絡み合う そんな波動を感じると 人はとても嬉しくなる